ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

GYMの担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

GYMの画像

GYMの活動情報独自調査まとめ

 所属メンバー一覧

北山宏光、伊野尾慧、戸塚祥太、八乙女光、GOLF、山下智久、MIKE

 GYMの活動略歴

Kitty GYM(キティ・ジム)とは、フジテレビ系列放送された『女子バレーボール ワールドグランプリ2006』のスペシャルサポーターを務めた期間限定ユニット。メンバーの北山宏光(K)、伊野尾慧(i)、戸塚祥太(tt)、八乙女光(y)の頭文字を取っている。『GYM』はGOLF(G)、山下(Y)、MIKE(M)の頭文字を取った。

 GYMのオタ的分析

 歌唱力 【得点】4/5

GYMは当時NEWSの一員であった山下智久さんと、タイ人のアイドルであるGOLF&MIKEの二人で結成された三人組のユニットです。このユニットは2006年の8月に開催された女子バレーボールのワールドグランプリのテレビ放映のためのスペシャルユニットとして結成されました。ユニットとしてはCDデビューもしており、それが2006年の8月30日に発売された『フィーバーとフューチャー』という曲です。この曲は山下さんがメインボーカルを務めていますが、GOLF&MIKEのメンバーのゴルフとマイクとも息の合った歌声を披露しています。

 ダンス 【得点】4/5

GYMが発売した唯一のシングル曲である『フィーバーとフューチャー』はそのダンスも個性的なものであることで知られています。このダンスを山下さんとGOLF&MIKEの二人が音楽に合わせて軽快に踊っている姿も、この曲のプロモーションビデオの見どころになっています。この曲はテレビの歌番組などでも何回か披露されていますが、そのような時にバックダンサーとして踊っていたのがKittyというユニットです。GYMとKittyは一緒に活動していたためにKitty GYMという名前で、一くくりにして呼ばれることもあります。

 チームワーク 【得点】4/5

GYMのメンバーでジャニーズ事務所の所属アイドルであったのは山下さんだけでした。ですからGOLF&MIKEの二人は、このユニットとして活動している間だけ日本に滞在して活動していたことになります。三人が日本でユニットとして活動していた期間は2006年の8月から9月にかけてのごく短い期間だけだったのですが、限られた時間の中でも三人はチームワークを発揮して、バレーボールのワールドカップのサポーターとしての役割を果たしています。それ以外にもユニットが結成されている期間は、さまざまな歌番組に出演して、持ち歌を披露しました。

 演技力 【得点】4/5

GYMは女子バレーボールワールドカップのテレビ番組のサポーターとして結成されたユニットであるために、主な仕事はこの大会を盛り上げることでした。期間中はバレーボールの試合が開催される会場にも足を運び、会場の空気を盛り上げました。歌番組などにも出演する機会も少なからずあったのですが、このユニットがほとんど行なわなかったのがドラマや舞台などの演劇に関する仕事です。山下さんはNEWSに所属した頃やソロで活躍している現在までにさまざまなドラマに出演していますが、このユニットのメンバーとしては三人揃った形で舞台などには出演していません。

 キラキラ力 【得点】5/5

ジャニーズ事務所のアイドルがバレーボールの大会のサポーターを務めることは珍しくありません。ですがGYMのようにジャニーズ事務所以外の、国外のタレントと一緒にユニットを結成することは非常に珍しいことです。そのような意味においてはGYMはこれまでジャニーズで結成されてきたどのようなユニットよりも、一番国際色にあふれたユニットであるということができます。実際にGYMのシングルである『フィーバーとフューチャー』は日本だけでなく世界の数カ国で発売されています。その中にはGOLF&MIKEの母国であるタイも含まれています。

GYMの総合評価

GYMは2006年の8月から9月までの期間だけ結成された非常に短期間のユニットでした。ですがその短い期間にバレーボールの大会を放映する番組を盛り上げるサポーターを務めたり、CDをリリースするなど精力的な活動をしています。リリースした『フィーバーとフューチャー』という曲では、山下さんとGOLF&MIKEの二人の息のあったボーカルを聞くことができます。またこの曲はダンスも非常に個性的であり、三人はテレビの番組などでも息の合ったダンスを披露しています。ジャニーズのアイドルとタイのアイドルのユニットならではの魅力を持っています。

 卒業や担降りなどでGYMのヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - レビュー, 限定ユニット