ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

堂本兄弟の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

堂本兄弟の画像

堂本兄弟の活動情報独自調査まとめ

 所属メンバー一覧

堂本進(兄) – 堂本剛、堂本歩(弟) – 堂本光一、2人の父の名前は「堂本拓郎」(吉田拓郎)。母の名前はそれぞれ「堂本美代子」(浅田美代子)、「堂本愛子」(森下愛子)とされている。

 堂本兄弟の活動略歴

番組開始当初はそれぞれ「進」、「歩」などの名前で呼び合うなど「堂本兄弟」としての設定が重視されていたが、徐々に役柄を演ずるコンセプトは無くなる。

 堂本兄弟のオタ的分析

 歌唱力 【得点】5/5

ジャニーズ中でも歌唱力の高さに定評がある堂本兄弟ですが、中でも堂本剛さんはデビュー前から歌唱力を評価され、あのマイケルジャクソンにまで「君は歌がうまい」と言われたほどの圧倒的な声量やビブラート、魅力的な声の持ち主です。光一さんも、デビュー当時と比べると伸びのある美しい歌声へと変化し、二人のハーモニーに魅了される人はとても多いです。ポップやバラードなど数多くの楽曲をいつくもこなし、ギターも弾ける二人のリズム感などはジャニーズとは思えないほどの技術だと言われており、年齢を増すごとに渋みも出てきていると評判です。

 ダンス 【得点】3/5

30代後半になった堂本兄弟は、近年ではめっきりダンスをすることが少なくなってきました。昔はキレのあるダンスをよくしていましたが、今ではそこまで激しく踊ることもありません。それでもたまにライブで当時のダンスを一曲まるごと振り付けしてみたり、ジャニーズカウントダウンなどのお祭りではハイになってダンスを見せてくれます。光一さんは舞台で相当踊っていたりいまだにバク転もできるので、体力は健在なはずです。デビュー当時の頃とまでは言いませんが、キンキでの活動でも二人のダンスをまだまだ見たいというファンの要望は多いようです。

 チームワーク 【得点】5/5

関西出身で同じ苗字で「堂本兄弟」と呼ばれ、20年も二人で共に活動してきた二人の絆は相当強いものだと言われています。子供の頃から一緒で芸能界の厳しさも体験し、たくさんの経験を重ねてきた二人は、いつもお互いのことをよくわかっているという様子がバラエティ番組などからも伺えます。光一さんの天然ボケを剛さんがツッコみ、二人で笑い合っている様子を見ることがファンも大好きで、ライブなどでは会話が盛り上がりトークがとても長いと言われています。ジャニーズの中でもチームワークのよさは随一で、これからも息の合った二人でいてほしいです。

 演技力 【得点】4/5

剛さんは十代の頃から何度も主演を経験し、ミスも出さないと演技力にはかなりの定評があります。堂本兄弟二人が主演をつとめた「人間失格」「若葉のころ」では幼い演技でしたが、ドラマの出演本数が増えるにつれてどんどん磨きがかかってきました。光一さんも何度も主演を張っており、ヒット作も数多く生み出しました。近年はあまりドラマ出演しない二人ですが、たまに出演するときは経験の賜物なのか、周囲を圧倒する演技を見せてくれます。いまだに、「金田一少年の事件簿」のイメージは世間では堂本剛さんだという人が多く、いかに人気があったかを思い知らされます。

 キラキラ力 【得点】3/5

堂本兄弟も30代後半なので、デビュー当時のようなさわやかなきらきら感というものはもう感じられなくなってきたかのように思われます。それでもやはり年齢を感じない色気がアイドル性を出している部分もあり、良い意味で大人の男性としての渋みが出てきたのではないでしょうか。雑誌でのグラビアでも、さすがやはりジャニーズだと感じられる素敵な写真が多く、ライブでもうちわなどのグッズは売れ続けています。若さとしてのきらきら感ではなく、今後は素敵な大人の男性としてのきらきら感を保ち続けてファンを魅了していってほしいものです。

堂本兄弟の総合評価

関西初のジャニーズユニットとして脚光を浴びた二人は子供の頃から苦楽を共にし、助け合ってきた相棒としてチームワークはとても高いです。そして大きな努力やもともとの才能もあり、歌唱力や演技力も高く評価され、芸能界の一線で活躍してきました。特に「堂本兄弟」などの冠番組で見せてくれるバンドや楽器演奏などは音楽性のレベルの高さを見せてくれるほどです。最近ダンスはあまりしなくなったものの、昔とは違う大人の男性としての色気のあるオーラが出てくるようになり、年齢を重ねても良い変化が出てきています。新しいキンキの魅力が今後は見られるでしょう。

 卒業や担降りなどで堂本兄弟のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - レビュー, 限定ユニット