ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

大坂俊介の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

大坂俊介の画像

大坂俊介の活動情報独自調査まとめ

 大坂俊介の活動略歴

大坂 俊介(おおさか しゅんすけ、1982年6月6日 – )は、日本の元俳優、歌手。 元ジャニーズJr.。元7teenグループ所属。1994年10月16日、当時12歳(小学6年)の時、ジャニーズ事務所に入所。同期は大野智、町田慎吾。1999年、前年11月10日に未成年ながら同じ事務所の他タレント数人と共に飲酒・喫煙していた写真を写真週刊誌『フライデー』に掲載されたことが契機となり、ジャニーズ事務所を解雇された。この処分に不満を持ったファンは解雇取り消しの署名運動が起こった。解雇後はしばらく小さなファンイベントを行い、生計をたてていた。その後、作家・寺西一浩の事務所である7teenグループに所属。7teenグループの看板俳優となる。舞台版「新宿ミッドナイトベイビー2010」に出演予定であったが体調不良で降板、そのまま芸能界を引退した。

 大坂俊介のオタ的分析

 歌唱力 【得点】3/5

大坂俊介さんは元ジャニーズ事務所所属のタレントで、主にジュニアとして活躍していました。同時期には滝沢秀明さんや今井翼さんらがおり、ジュニアとしてとても人気がありその方々と並んでトップの人気を誇るジュニアでした。ちなみに同期は嵐の大野さん、元MAで現在俳優の町田慎吾さんらが居ます。大坂俊介さん自身は歌はあまり印象に残らない感じの人ですが、ジャニーズ事務所退社後も歌手活動は行っていたようでチャリティーコンサートや音楽祭への出演やCD発売も行っていました。現在は2010年に芸能界を引退し違うお仕事をされているということです。

 ダンス 【得点】4/5

大坂俊介さんのファンだった方々は口々に「ダンスがうまかった」とか「常にダンスのことを考えている人」とか「ダンスで世に出た人」と言っています。そのくらいダンスが得意で、ジャニーズ事務所退社後もダンス&パフォーマンスグループを結成し、そのグループは現在でも活動をしていますが大坂さんは脱退しています。脱退の理由は椎間板ヘルニアの悪化だそうです。もしも、現役当時にトラブルが原因でのジャニーズ事務所の退社をしていなければ今頃は同期の大野さんや同時期活躍していたタキツバのようにジャニーズを代表する一人となっていたことでしょう。

 チームワーク 【得点】3/5

大坂俊介さんはグループには属さずにジュニアとして活躍をしていました。その時代は丁度ジュニアバブルと呼ばれた時期でそのブームに乗りとても人気があった1人でした。そんな大坂さんですのでグループとしてのチームワークはあまり知られてはいません。しかし、退社の原因の契機となった時に同じ事務所内のジュニアたちと一緒にいたそうですので、ジュニア同士の仲は良かったのかもしれません。また、アイドル時代のファンの方々の中には退社後も熱烈なファンの方がいたようですので親しみやすいキャラクターだったということもわかります。

 演技力 【得点】4/5

大坂俊介さんはジャニーズ事務所在籍時にはジュニアがメインで出演するドラマなど多数のドラマ出演があり役者さんとしても活躍していました。退社後も舞台や映画出演が多かったようです。中でも話題作だった愛染恭子監督の「白日夢」出演や、グラドル・アイドル達が多数出演していた映画「Re:Play-Girls リプレイガールズ」への出演など色々なお芝居経験があったようです。しかし、その後は2010年に体調を壊して芸能界を引退しています。もし芸能界で活躍をしていたならば存在感のある良い役者さんになっていたのではないでしょうか。

 キラキラ力 【得点】4/5

大坂俊介さんはジャニーズジュニア時代は今や大人の男の魅力も出てきて素敵な滝沢秀明さんや、今井翼さんらと並びとても人気のあったジュニアの1員でした。しかも、ジャニーズ事務所入所当時は同期に嵐の大野智さんも居たそうです。ですから当時はすごいイメケンさんでスタイルも良くファンが沢山いたという印象で、そのうえダンスも上手い人でした。アイドル当時はすごく魅力的だったのを覚えています。あのままアイドルとして活躍していたならば今や事務所内の中堅核で後輩たちを引っ張っていく1人だったと思うと退社と芸能界引退はちょっと残念ですね。

大坂俊介の総合評価

ジュニアブーム真っ盛りのころにデビューしたジュニアの1人である大坂俊介さん。この方は1994年の12歳で事務所に入所し、一躍トップアイドルとなりましたが1999年に辞めています。アイドル当時はダンスがとてもうまくて努力家といった印象でしたし、退社後もヴォーカル&ダンスパフォーマンスグループに在籍していたのでダンスが好きだったんだなと感じます。また、椎間板ヘルニアを悪化させて踊る事が難しくなってからは、お芝居にも力を入れていたようで、芸能界で活躍していた最後の方は役者さんとしての印象も強い方です。

 卒業や担降りなどで大坂俊介のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー