ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

有岡大貴の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

有岡大貴の画像

有岡大貴の活動情報独自調査まとめ

 有岡大貴の活動略歴

有岡 大貴(ありおかだいき、1991年4月15日)は、日本の俳優、歌手であり、男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバーである。2003年、ジャニーズ事務所に入所。同期は同じメンバーの知念侑李。それ以前にも子役として芸能事務所に所属していた。2007年春、Hey! Say! 7が結成されメンバーとなり、同年8月1日にCDデビューを果たす。同年9月24日から、Hey! Say! JUMPが結成されメンバーとなり、同年11月14日にCDデビューを果たす。

 有岡大貴のオタ的分析

 歌唱力 【得点】4/5

有岡大貴さんはジャニーズ事務所Hey! Say! JUMPのメンバーでジュニアやJ.J.Express、Hey! Say! 7などを経て現在に至ります。同期は同グループの知念侑李さんです。有岡大貴さんの歌唱力はというと高音も出るし声も出るのでこれからどんどんテクニックもついて声質も変わり上手くなっていく感じがします。今現在は澄んだ綺麗な声で聴いていてとても心地よいという印象です。しかし、時々魅せる大人っぽい仕草と歌はファンならずともキュンとさせられるのではないでしょうか。これからの有岡大貴さんも楽しみです。

 ダンス 【得点】4/5

有岡大貴さんはHey! Say! JUMPの中で年上の分類に入るのですが、一番かわいいと評判です。そんなかわいい有岡さんですがダンスも上手でメンバーのなかで一番上手いという人もいるほどです。同じグループの山田さんなんかはテクニックがあるダンスという印象ですが有岡大貴さんのダンスは基本に忠実で身が軽い人だなというイメージがあります。とにかく今のジャニーズの若手の皆さんはダンス上手し、歌上手し、お芝居上手しと3拍子揃っているなと感心します。また先輩のダンスがとても上手な方にも評価が高いグループのメンバーなので今後も楽しみです。

 チームワーク 【得点】5/5

昔のジャニーズのグループは仲間割れなんかで解散という話も多いのですが、Hey! Say! JUMPをはじめとした若いグループはとても仲が良いようです。見ていてもその雰囲気が伝わりますね。そんな中有岡大貴さんは同グループでは伊野尾さんや山田さんと仲が良いそうで大好きなようです。というか皆さん全員が仲が良く、ほかにも高校時代の同級生やプライベートでつながっているメンバーも多いのでチームワークがとても良いのも普段仲が良いおかげかなと思います。こういったチームワークがあってあのフォーメーションダンスが見られるんですね。

 演技力 【得点】4/5

有岡大貴さんのドラマデビューは同じグループのメンバーとともに主演した2008年で、それ以来「金田一少年の事件簿」シリーズやサスペンスドラマ、刑事ものなど有名なドラマに多数出演しています。ほかにも映画や舞台にも出演し着々と経験を積んでいる1人です。どちらかというとイメージ的には華やかとか超美形というイメージがないのですが、普通の日常や等身大の役柄を演じさせたらとても存在感がある人だなと感じます。そして、優しいイメージやかわいらしいイメージ、癒し系キャラといった本人のイメージ以外の役柄も期待したいです。

 キラキラ力 【得点】4/5

20代半ばに差し掛かった有岡大貴さんですがとにかくかわいい雰囲気の持ち主です。Hey! Say! JUMPの中でもジャニーズ内でもトップをいくかわいらしさですし、同グループのメンバー同士でのバラエティ番組への出演時なども癒されます。Hey! Say! JUMP自体それぞれのキャラが立っているグループですし、キャラを生かした役回りも安定しているのでどんどん色々なジャンルで活躍してほしいですね。
特に面白いトークは有岡大貴さんが言った「おばちゃんの谷間でも見ちゃう」という内容で、一時期某SNSでも話題でした。

有岡大貴の総合評価

ジャニーズの若手グループの中でも実力派ぞろいのHey! Say! JUMPですが、メンバーの1人有岡大貴さんは綺麗なダンスと澄んだ歌声、そして持ち前の癒しキャラで大人気です。最近では役者としても話題作によく登場します。そんな有岡さんは童顔ですがすでに24歳。J.J.Expressやジュニア時代からのキャリアがあり、ある意味若い役者さんよりも経験を積んできているのでこれからがとても楽しみです。また、トーク番組やバラエティ番組でも実力を発揮するグループの一員ですので、どんどんそういった分野にも進出してほしいと思います。

 卒業や担降りなどで有岡大貴のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー