ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

木村拓哉の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

木村拓哉の画像

木村拓哉の活動情報独自調査まとめ

 木村拓哉の活動略歴

木村 拓哉(きむら たくや、1972年11月13日 – )は、日本の俳優、歌手、タレントで、男性アイドルグループ・SMAPのメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。1987年に中居正広、稲垣吾郎、森且行、草彅剛、香取慎吾とともにSMAPのメンバーとしてデビューし、『Can’t Stop!! -LOVING-』でCDデビュー。数々のテレビドラマ、映画に出演。フジテレビの看板ドラマ枠である月9の最多主演記録を持つ(2012年時点)。

 木村拓哉のオタ的分析

 歌唱力 【得点】5/5

SMAPのなかで唯一、安定した音程と幅の広い音域をもっているのが木村拓哉さん。その伸びの良い声はとくにバラード曲で発揮されています。注目すべきは、高音のメロディーをしっとりなおかつ繊細に歌い上げる箇所です。木村拓哉のファンでなくとも、そのかっこいい姿に心をとらわれてしまいます。
また自身でギターを演奏することもあって、ほかのメンバーに比べよりミュージシャンらしさがあります。そのギターを演奏する腕前はジャニーズのなかでも抜きんでていると評判です。数多くの有名メーカーのギターを所有していることでも知られています。

 ダンス 【得点】5/5

運動神経抜群ということもあり、ダンスの腕前はジャニーズきっての実力派です。年齢を重ねても若いころと同じくダンスにキレがあります。リズム感も優れているので、ほかのダンサーと共演してもひけをとりません。
木村拓哉さんは普段から自然体の姿が魅力的なかたなので、ダンスひとつひとつの所作から優雅さを感じるとることができます。そのためスローな曲調であっても、その実力を十分に発揮されています。
最近では歌番組内において、ほかのアーティストと即興でダンスを踊ったことが話題となりました。自由自在にアドリブを取り入れることができるのも彼の魅力です。

 チームワーク 【得点】5/5

木村拓哉はSMAPのリーダではありませんが、常にメンバーのことを考えている印象を受けます。グループのなかで自分の立場や役割というものを十分に理解しており、そのなかで個性を発揮しています。
またSMAPはジャニーズのなかでもチームワークが一番高いといえます。それは結成時からの苦労をともに乗り越えたことや、幾度となくあった危機をチームワークで乗り越えたことが影響しているとおもわれます。
木村拓哉さんはときにメンバーのエンジンをかける役割であったり、またあるときは縁の下の力持ち的な存在を担っているかたです。

 演技力 【得点】5/5

木村拓哉の演技は毎回同じという声がちらほら見受けられますが、それが彼の演技のもち味なのではないでしょうか。
まず彼の演技を語るうえで、避けて通ることができない話題はなんといっても視聴率です。木村拓哉が主演を務めているドラマは、常に高視聴率という数字を叩き出しています。
人気アイドルとしての影響力だけではなく誰にも真似することのできないかっこ良さが、彼の演技には満ち溢れています。またときより芝居のなかで、ふっと見せる素の部分がファンにはたまらないようです。現在のところジャニーズのなかで、彼の打ち出した視聴率を超えるものはありません。

 キラキラ力 【得点】5/5

まさにアイドルといったようなきらきらとした容姿は、もはや他の誰かと比べることはできません。年齢を重ねても、同世代と比べても劣化することなく第一線で活躍しています。
彼の変わることのないきらきらとした目力は、多くのひとを魅了してやみません。ファッションのセンスひとつとってもカリスマ性があり、彼の発する言葉ひとつひとつに多大な影響力があります。
彼に憧れてジャニーズを志したジュニアも多いといわれています。いまや木村拓哉はグループとしてだけではなく、ジャニーズ事務所をしょって立つ大きな存在となっています。

木村拓哉の総合評価

全てにおいて完璧であるのがSMAPの木村拓哉です。グループとしての活動だけにとどまらず、個々の活動でも力を発揮しています。歌唱力はほかの歌手に引けをとらず、ダンスも器用にこなす姿が印象的です。そして演技力では自分の持ち味を生かし、自分にしかできない芝居を確立しています。長年苦労をともにしたメンバーであるからこそ、そのチームワークもジャニーズなかでは一番といえます。年齢をかさねてもアイドルとしてのきらきらとした要素は健在です。同年代だけではなく、その下の世代にも多大な影響力をもつ日本を代表する存在です。

 卒業や担降りなどで木村拓哉のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー