ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

北山宏光の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

北山宏光の画像

北山宏光の活動情報独自調査まとめ

 北山宏光の活動略歴

北山 宏光(きたやま ひろみつ、1985年9月17日)は、日本のタレント、俳優、アイドルであり、男性アイドルグループ・Kis-My-Ft2のメンバーである。2004年、『ザ少年倶楽部』にてKis-My-Ft.(後のKis-My-Ft2)が結成されメンバーに選ばれたことが発表され、Kis-My-Ft.としての活動を始める。2011年、2月12日、同年夏にKis-My-Ft2としてCDデビューすることがコンサート(Kis-My-Ftに逢えるde Show vol.3 at国立代々木競技場第一体育館)中に発表された。

 北山宏光のオタ的分析

 歌唱力 【得点】5/5

ジャニーズの大人気グループ・Kis-My-Ft2のリーダーでもあり、最年長の北山宏光君。努力家でメンバーの中の誰よりも仕事に対する情熱を持っていると言われている彼の歌唱力はメンバー1とも言われており、グループの楽曲のメインボーカルは北山宏光君か藤ヶ谷太輔君が務めることがほとんどとなっています。特に彼の甘い声で歌われるバラードに魅了されている女性は多く、その実力はスマップの中居君にも認められているほどです。さらに北山宏光君はKis-My-Ft2の楽曲も何曲か手掛けており、音楽的な才能も発揮しています。

 ダンス 【得点】4/5

Kis-My-Ft2の中で一番小柄な北山宏光君ですが、そのダンスの動きは大きくキレがあると定評があります。小柄な彼だからこそ、動きを大きくしなやかにみせようとしている姿勢は、努力家である彼ならではと言えますね。また、北山宏光君はメンバー1ダンスの上手いと言われている千賀健永君にダンスを教えてもらったり一緒に練習したりと、一生懸命自分のダンス力を向上させようと努力しているようで、そのダンス力はどんどん向上していると、ファンの中でも話題となっています。彼のダンス力は努力の結晶といってもいいのかもしれませんね。

 チームワーク 【得点】5/5

最年長の北山宏光君と最年少の千賀健永君の年の差が6個も離れているというジャニーズの中でも珍しいグループであるKis-My-Ft2をまとめるお兄さん役であり、リーダーである彼は、いつもチームのことを先頭で引っ張り、チームワークを保つ役として活躍しています。それはライブを見ていてもバラエティ番組を見ていても一目瞭然で、時には年下メンバーからいじられたり、時にはツッコミ役と回ったりしている柔軟さがあります。さらに番組での進行役はいつも彼が務めており、北山宏光君がいるからこそグループが成り立っているといっても過言ではありません。

 演技力 【得点】5/5

最近知名度がぐんぐん上がっているKis-My-Ft2ですが、中でも映画やドラマなどへの露出が多いのが北山宏光君です。彼はライブやバラエティ番組でみせる柔軟さを演技にも見せていて、ポップな役柄からシリアスな役柄まで完璧にこなしてしまい、ジャニーズの中でも高い演技力を誇るメンバーの1人として知られています。ジャニーズの大先輩にあたる香取慎吾君とも共演経験があり、その実力は香取君にも認められるほどです。バラエティ番組でも演技を披露していますが、安定感のある演技が、見ているこちらを安心させてくれますよ。

 キラキラ力 【得点】5/5

歌、ダンス、演技、どれを取ってもKis-My-Ft2だけでなく、ジャニーズの中でもトップの実力を持ち、その柔軟さからバラエティ番組での進行役やライブでのMCなど、すべてを完璧にこなす北山宏光君のきらきら力は本当にすごく、テレビ越しに見ているだけでもオーラを感じてしまいます。また、その情熱的な性格からメンバーを引っ張っているリーダー力や、番組を面白くするためにもいじられ役に徹している姿からも、そのきらきらを感じることができます。努力に努力を重ね、これからもどんどんきらきら度が増していく彼に注目ですね。

北山宏光の総合評価

誰もが認めるKis-My-Ft2のリーダー・北山宏光君。ジャニーズとして輝き続けるために努力を惜しまない姿は、見ているこちらにもヒシヒシと伝わってきて、思わず応援したくなってしまいますよね。なんでも器用にこなしてしまうと見られがちの彼ですが、実はその奥には誰よりも情熱的に努力している姿があり、その姿こそ彼の一番の魅力といえるのかもしれません。その努力が認められていることもあり、最近ではグループだけでなく、単独でのラジオ・テレビなどの出演も増えてきています。今後も大いに彼の活躍に期待していきましょう。

 卒業や担降りなどで北山宏光のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー