ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

八乙女光の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

八乙女光の画像

八乙女光の活動情報独自調査まとめ

 八乙女光の活動略歴

八乙女 光(やおとめ ひかる、1990年12月2日)は、日本の歌手、タレント、俳優である。男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバーである。2004年にYa-Ya-yahの新メンバーとして加入。2007年9月21日からHey! Say! JUMPのメンバーに選ばれ、同年11月14日に「Ultra Music Power」でCDデビューした。

 八乙女光のオタ的分析

 歌唱力 【得点】4/5

ジャニーズ事務所の人気グループHey! Say! JUMPの八乙女光さんはその甘いルックス同様に歌も上手です。ちょっとハスキーで澄んだ声は実は昔と比べ断然に上手くなった模様。それは肺活量を増やすためにボイストレーニングを行なっていたという事で、もともと持っているストイックで真面目な性格が歌にも出ているのでしょう。また、シングル曲、アルバム曲の中に八乙女光さん自身の作詞作曲の曲も多く、努力家でなんでも出来ちゃうというのがとても素敵です。一説によると作詞能力は作詞家さんが書いたものと間違えられるレベルだとか。

 ダンス 【得点】4/5

八乙女光さんはビジュアル的にも手足が長く顔が小さいのでダンスがとても優雅に見えます。ダンス経験者の中でも軸がしっかりとしていてブレがなく滑らかでキレもあると評判です。それはただダンスのセンスがあるというだけではなくジム通いや体力作りにとても努力をしている結果でもあります。また八乙女光さん自身、芸術的なセンスも評価されていてデザインや絵の才能もあるので、そういった創造力がダンスにも出ているのでしょう。このように若手ジャニーズの中でも努力家で器用でなんでもできるというタレントさんは八乙女光さんくらいではないでしょうか。

 チームワーク 【得点】5/5

Hey! Say! JUMPのメンバー自体、バラエティ番組を見ていてもわかる通りそれぞれがお互いを尊重していてグループとしてもとても好感が持てます。また、人数が多いグループなのにメンバー一人一人が個性的で一目見ると覚えてしまうくらいですが、チームワークがとても良いので一体感があると感心します。それはプライベートでも仲が良いメンバーが多いということと、年齢差があまり無いというのも要因なのかもしれません。八乙女光さんはそんなメンバーのなかでもお父さん的な立場だそうで、怒る事もあるし言うときはしっかりと言う人だそうです。

 演技力 【得点】4/5

記憶に残るのは「3年B組金八先生」第7シリーズの役柄です。綺麗な顔立ちでまだまだあどけない雰囲気の八乙女光さんでしたが虐待や薬物などにおぼれる役柄を演じきっていました。ほかにも印象に残る演技はありますが、元々持っているストイックさや努力家のおかげか成長がものすごく早い役者さんだと演出家の方や監督さんにも言われています。とても神経質で真面目な性格らしいのであまりストイックになりすぎて体調を壊さないことを祈ります。今までは若い役柄が多かったようですが、20代も半ばに入り大人の役柄も今後期待したいですね。

 キラキラ力 【得点】5/5

ジャニーズ事務所の中でも今をときめくHey! Say! JUMP。その中でもメンバーを引っ張っていくような立場の八乙女光さん。見た目は女性的で綺麗な顔立ちをしていてスタイルもバツグンですが、時々みせる大人の顔というのもステキです。また、多趣味で器用という印象があったり、ダンスや歌が上手く性格も良いというイメージが強いのですが、それらがバランスよく個性を出していてアイドルでありながら充実しているんだなと感心します。最近は男らしさも加わって一段と素敵ですし、今後楽しみなジャニーズのタレントさんの1人です。

八乙女光の総合評価

ジャニーズの若手グループの中で毎日のようにメディアで姿を見かけ今まで発売したCDすべてがオリコンの週間ランキングで初登場1位を記録しているというHey! Say! JUMPのみなさん。その中でお父さん的な立場にいるという八乙女光さんは努力人です。歌はボイトレで鍛え、ダンスは体力作りで培い、そして真面目で几帳面な性格はメンバーをひっぱっていくようなキャラクターでもあります。とても印象の残る顔立ちと雰囲気の持ち主なので、今後もっと役者さんとしても演技が見てみたいと思います。また、スタイルが良いのでモデルさんとしても活躍できそうですね。

 卒業や担降りなどで八乙女光のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー