ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

岡田准一の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

岡田准一の画像

岡田准一の活動情報独自調査まとめ

 岡田准一の活動略歴

1995年、日本テレビ系で放送されていた『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』内のコーナー「ジャニーズ予備校」に合格する。11月にV6としてデビュー。ジャニーズ事務所初の日本アカデミー賞の優秀主演男優賞と優秀助演男優賞を受賞し、2月に同賞の最優秀賞をダブル受賞した。『ボクらの時代』で「20才になったらジャニーズ事務所を辞め、中学校の社会の先生になりたかった」と明かしているのはヲタの間では有名なエピソードの一つ。

 岡田准一のオタ的分析

 歌唱力 【得点】4/5

岡田准一さんは、1995年にジャニーズのアイドルグループ、V6のメンバーとしてデビューしました。V6は全員がリードボーカルと務められるくらい歌唱力のあるメンバーが揃っていて、担当するパートは等配分されることが多いです。グループらしくハモリの部分もあり、それが曲に深みを与えています。岡田准一さんも歌唱力があるとファンからも認められています。V6はジャニーズグループの中でも名曲が多く、ヒット曲が多いとされています。岡田准一さんは歌唱力だけでなく、実家もピアノ教室をしていることから、ピアノの腕前もかなりの物をもっています。

 ダンス 【得点】4/5

14歳でジャニーズ事務所に所属し、すぐにV6としてデビューしたので、ジャニーズジュニアとしての経歴がありません。ただV6にはダンスが上手なメンバーが多く、さらに曲調がアップテンポの物が多いので、ダンスレッスンはかなり積んだといえます。ジャニーズジュニアとして活動してしたメンバーのダンスと比べても見劣りしないダンスを披露していますから、ダンスも上手な部類に入るといえます。年上のメンバーはダンスが上手で面倒見が良い性格ですから、あらゆる面でサポートを受けられたのもダンスが上達した秘訣になっているでしょう。

 チームワーク 【得点】4/5

V6としてデビューしたときは、20th CenturyとComing Centuryのメンバーの間で年齢差があったため、活動もばらばらにすることがありました。しかしメンバー全員で出演した長寿のバラエティ番組で交流を深めたことや年齢を重ねたことで、年齢差は関係なくメンバー全員が仲良くなりました。ソロ活動中はメンバーがそれぞれの活躍を応援しており、全員で集まったときは古巣に戻ってきたような安堵を覚えるようです。V6を結成して20年たちましたが、この先もずっとV6はそのまま続けたいとメンバー全員が語っているのでチームワークは良いでしょう。

 演技力 【得点】5/5

岡田准一さんは、V6のメンバーの一員になると同時にソロで俳優デビューをしました。1997年にはテレビドラマで初主演を務め、その後は出演するドラマや映画が大ヒットするなど俳優としての地位を確立しました。映画では日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を受賞し、NHKの大河ドラマで主演を務めあげました。アイドルでありながら俳優としても絶大な支持を集めており、日本国内だけでなくアジアを中心に海外でも認められる俳優になっています。この先も人気小説を映画化した作品などに主演として出演していますから、俳優としてさらなる飛躍が期待できます。

 キラキラ力 【得点】5/5

岡田准一さんはV6のメンバーとしてデビューしたときは少年らしい可愛らしさで人気を集めていました。アイドルらしいきらきら感を持っており、歳を重ねるとそこに男らしさがにじみ出て、大人の余裕を醸し出すようになりました。バラエティ番組では天然な性格を発揮して女性心をくすぐり、俳優としては女性だけでなく男性からも支持を集めるという人気を誇っています。ジャニーズのアイドルとしての輝きを持ちながら、俳優としても開花した岡田准一さんは、ジャニーズだけでなく、芸能界の中でもきらきら力がかなり高い人物だといえます。

岡田准一の総合評価

岡田准一さんは、V6のメンバーとして活動するときはアイドルらしいきらきら力を持ちながら、歌唱力とダンスでファンを魅了します。メンバーとも仲が良く、ソロ活動をしながらも、メンバー全員で活動する時は気持ちが安らぐほどのチームワークを保っています。岡田准一さんは、俳優としても高い評価を受けており、日本を代表する演技者の1人として認められています。端正なルックスと演技力で、日本のドラマや映画には欠かせない俳優になっています。芸能人としてきらきら力が高い岡田准一さんは、今後さらに飛躍する可能性を秘めています。

 卒業や担降りなどで岡田准一のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー