ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

堂本光一の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

堂本光一の画像

堂本光一の活動情報独自調査まとめ

 堂本光一の活動略歴

堂本 光一(どうもと こういち、1979年1月1日)は、日本のアイドル、歌手、俳優、タレントであり、KinKi Kidsのメンバー。小学校6年生の時、少年隊ファンの姉が勝手に郵送した履歴書がジャニーズ事務所の社長ジャニー喜多川の目にとまり、直接電話で当時神戸で行われていた光GENJIのコンサートに招待される。1993年4月4日、『キスした?SMAP』にて初めて「Kinki Kids」というグループ名が発表された。

 堂本光一のオタ的分析

 歌唱力 【得点】4/5

堂本光一さんの歌唱力はデビューした時から高い評価があります。堂本光一の歌手としてのデビュー作はKinKi Kidsの「硝子の少年」ですが、山下達郎さんが作曲したこの曲は堂本光一さんと堂本剛の高い歌唱力が評判を呼んで、ジャニーズ事務所のアイドルグループのデビュー曲としては最も売れたシングルとなりました。光一さんはその後もKinKi Kidsの一員として数枚のシングルで100万枚以上の売り上げを記録しました。その後光一さんは2006年にはソロ歌手としてもCDデビューして、さらに歌手としての活動の幅を広げています。

 ダンス 【得点】4/5

堂本光一さんはダンスの技術にも昔から高く評価されてきました。KinKi Kidsとしてデビューする前には光GENJIやSMAPなどのジャニーズ事務所の先輩グループのバックダンサーを務めてきました。光一さんのダンスはKinKi Kidsとして活動している時よりも、ソロで活動している時の方がより多く披露される機会があります。光一さんが10年以上にわたって主演している『SHOCK』という舞台では、彼の優れたダンスの技術を見ることができます。それ以外にも光一さんのソロコンサートでも、ダンスが多く披露されています。

 チームワーク 【得点】4/5

堂本光一さんは20年以上にわたってKinKi Kidsのメンバーとして活動してきました。同じメンバーである年下の堂本剛さんとは長年にわたって良好なパートナーシップを築いています。光一さんはKinKi Kidsとして活動する時には、剛さんの弱点を補うようにフォローをして、また剛さんにも弱点をフォローしてもらうなど、お互いがお互いを支え合う関係を築いています。光一さんはソロとして活動する時にもチームワークを大切にしています。座長を務めている舞台「SHOCK」では共演者やスタッフとのチームワークも大切にしています。

 演技力 【得点】4/5

堂本光一さんは演技力の高さも昔から一貫して評価が高いです。1993年に放送された「愛よ、眠らないで」という作品が彼の役者としてのデビュー作です。役者としての2作目にあたる「人間・失格」というドラマでは友人をいじめでなくして罪悪感に苦しむという難しい役を、見事に演じきっています。このドラマは社会的にも大きな反響を呼び、光一さんの名前が世間に広く知られるようになるきっかけとなりました。その後、2002年に出演した『リモート』という作品では第35回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞などを受賞しています。

 キラキラ力 【得点】5/5

堂本光一さんはジャニーズ事務所に現在所属しているアイドルの中でも屈指のスター性を持っています。光一さんが長年にわたってファンの支持を受けているのは、高い歌唱力やダンス力の他にも、彼の仕事に対する熱心な姿勢があげられます。光一さんは自身が主演をする舞台「SHOCK」でも主演俳優として演じるだけではなくて、演出や音楽、脚本など全ての面にアイデアを出しています。ソロの歌手として活動する時にも自身で作曲をしていCDの製作スタッフとも積極的に話し合いをしていますが、こうしたことはジャニーズ事務所のアイドルの中では異例なことです。

堂本光一の総合評価

堂本光一さんは歌唱力やダンス力、演技力に優れたオールランドプレイヤーです。ジャニーズ事務所のアイドルの中でもトップクラスの実力を誇っています。それだけでなくチームワークも大切にしているのが光一さんの魅力です。KinKi Kidsのメンバーやジャニーズ事務所の他のアイドルだけではなく、スタッフとのチームワークも大切にしています。そして光一さんの最大の魅力は仕事に対する姿勢です。自身も「堂本光一から仕事をとったら何も残らない」と公言しているほど、仕事を大切にしています。そうした姿勢が長年の間ファンに支えられています。

 卒業や担降りなどで堂本光一のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー