ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

増田貴久の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

増田貴久の画像

増田貴久の活動情報独自調査まとめ

 増田貴久の活動略歴

増田 貴久(ますだ たかひさ、1986年7月4日 – )は、日本のタレント、歌手であり、男性アイドルグループ・NEWSおよびテゴマスのメンバーである。愛称は「まっすー」。テゴマスとしては同じNEWSのメンバーである手越祐也が相方である。 2003年9月15日NEWS結成に伴い参加。2006年11月同じNEWSのメンバーである手越祐也とユニット・「テゴマス」(tegomass)を結成。「Miso Soup」でTegomassとしてスウェーデンでデビュー。日本国内での名義を「テゴマス」とし、「ミソスープ」でデビュー。

 増田貴久のオタ的分析

 歌唱力 【得点】5/5

増田貴久さんは、ジャニーズジュニアの頃から歌唱力に定評があり人前で歌う機会が多かったということで有名です。手越くんとのユニットでもあるテゴマスでは、ダンスなしの歌一本勝負でコンサートをしたいをいう強い思いで歌唱力にさらに磨きをかけ、全曲生歌でときにはアカペラも披露し、レベルの高さで観客を魅了しました。声量やハーモニーの美しさ、そしてもともとの声の良さでもある低音の美しさが高い評価を受けており、NEWSの楽曲の中ではソロパートも多く、単独で歌番組に出演して歌手とコラボレーションして生歌を披露することもあります。

 ダンス 【得点】5/5

増田貴久さんの運動神経の良さは自他共に認めるほどで、現在アラサーという年齢を感じさせないほどのものすごい体力で、パワフルでキレのあるダンスでファンを魅了しています。デビューから10年以上経っても激しいダンスを踊り続け、そのリズム感は若い世代に引けをとりません。また、ジャニーズの中でも屈指のバク転ができるメンバーとしても知られており、コンサートなどでのダンスパフォーマンスではバク転を見せてくれることもあります。しっとりしたときの振り付けもセクシーさがあり、まさに「魅せるダンス」としての完成度がとても高いです。

 チームワーク 【得点】5/5

ジュニア時代から共に支えて励ましあってきた手越さんとは、歌唱中の息の合ったハーモニーを見せてくれたり、ラジオ番組では2人の軽快なトークでリスナーを楽しませてくれることも多々あり、チームワークの良さを感じさせてくれます。NEWSとしての活動でも、それぞれの個性や能力を発揮しながらお互いに尊重し合い、バラエティ番組などで仲の良さが見られるほどです。ジャニーズグループの中ではメンバー脱退など苦しいことも多かっただけに、現役メンバー同士の絆が相当強まったことで現在のチームワークの良さが生まれたものだと言えるでしょう。

 演技力 【得点】3/5

増田貴久さんはジャニーズタレントの中ではドラマや映画で主演を張るほどのクラスではなく、決して出演本数も多いとは言えないでしょう。しかしジュニア時代の「金八先生」など、ドラマ出演は場数をこなしてきており、さまざまな役柄を好演していきています。どれも脇役ですが、ストーリーの肝となる人物を演じたり、泣き叫ぶシリアスなシーンなど難しい演技にも挑戦したりと、様々な経験をしてきています。今後もドラマや舞台などの演技経験を増やし、さらに新しい役柄等で増田貴久さんの魅力を感じられることをファンは期待しています。

 キラキラ力 【得点】5/5

増田貴久さんのルックスを評価するならば、「かっこいい」という人も多いですがどちらかと言うと「可愛い」系に当てはまるのではないでしょうか。それはデビューから10年以上経った今でもイメージは変わらず、アラサーという年齢を感じさせないほどの少年のようなフレッシュ感、パワフル感、清潔感があります。最大の魅力はなんといってもあの屈託のない笑顔で、まさにきらきら感が伝わって見ている人を幸せにします。これからも、いくつになってもジャニーズアイドルらしいきらきらとしたオーラを保ち、ファンを魅了し続けてほしいです。

増田貴久の総合評価

増田貴久さんはジャニーズタレントの中でも歌唱力、ダンスパフォーマンス、アイドルとしてのきらきら感に関しては総合的に評価が高く、NEWSのメンバーの中でも根強い人気があります。それは才能だけでなく、努力の賜物だという点で人間性も評価されています。ジュニア時代から何年経ってもフレッシュ感は変わらないままで、技術に磨きがかかっていると高く評価されています。今後もさらにその魅力を伸ばしていきながら、ドラマや映画などの演技の分野も積極的に行なっていくことで彼の新境地となり、ますますファンを増やしていけることになるでしょう。

 卒業や担降りなどで増田貴久のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー