ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

相葉雅紀の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

相葉雅紀の画像

相葉雅紀の活動情報独自調査まとめ

 相葉雅紀の活動略歴

相葉 雅紀(あいば まさき、1982年12月24日)は、日本の歌手、俳優、タレントであり、男性アイドルグループ・嵐のメンバーである。1998年4月29日、『新宿少年探偵団』で映画初出演、初主演。1999年9月15日、嵐が結成され、同年11月3日「A・RA・SHI」でCDデビュー。2010年5月、『君と見る千の夢』で舞台主演。この舞台のDVDはオリコンチャートの週間DVDランキングにおいて、ミュージカル以外では演劇作品として史上初の総合首位を獲得した。4月21日、テレビ朝日系『相葉マナブ』で初の単独冠番組を持つ。

 相葉雅紀のオタ的分析

 歌唱力 【得点】3/5

相葉雅紀の歌唱力は歌手の中でもジャニーズの中でも特筆すべき才能があるわけではありません。ただ、決して下手なわけではなく、嵐の歌声の中で大切な役割を果たしています。相葉雅紀の声はジャニーズの中で割と高い声なので、嵐の歌声の中でも割と目立つ声です。嵐の歌声の中でいうとソプラノの役割と言うのが正しい表現であると思います。その高い声ゆえに、ソロ曲も割と明るめの曲が多いです。逆に、相葉雅紀がしっとりとした曲を歌っていると、それもまたギャップがあり良く聞こえます。ソロ曲を聞いてみると元気が出ると思いますよ。

 ダンス 【得点】4/5

ダンスは4点です。例えばロボットダンスのような洗練された動き、緻密な動きのダンスではなく、情熱的でエネルギッシュ、パワフルなダンスを踊ります。体全身を使って表現するのでステージ映えします。ジャニーズの中でも背が高い方で、それもまた相葉雅紀をステージ映えさせる要因のうちの一つであると言えます。また、相葉雅紀は脚力がすごいです。ほかの嵐のメンバーと一緒にジャンプしている写真を見ると、彼だけ異常にジャンプしているところが映っています。そういった面でも、卓越した運動神経を活かしてエネルギッシュなダンスをしていると言えます。

 チームワーク 【得点】5/5

チームワークは文句ないですね。ジャニーズの中ではもう先輩としての立場になってきましたが、後輩にご飯をおごりに行ったり一緒に遊びに行ったりすることも多いようです。また、嵐の中の立ち振る舞いも文句ありません。お茶目なキャラとして定着しており、嵐のメンバーからいじられることもありますが、自分の立場をわかっているからか嫌な顔せずにいじられ続けてくれます。ただステージに立てば、その卓越した運動神経でエネルギッシュなダンスを踊り、プロとしての顔は確立しています。動物も好きで、人に好かれるキャラです。ゆえに人気も高いです。

 演技力 【得点】2/5

演技力は高いとは言えません。そもそもあまりドラマや映画に出演しません。出演したとしてもゴールデン帯の時間でなく、11時から、などの深夜ドラマにたまに出るくらいです。「バーテンダー」というドラマに出演した時の演技は決して悪くありませんでした。視聴率もそこそこ取れていたようですが、それは相葉雅紀の演技力によるものなのか、それともジャニーズとしての名前によるものなのか、誰にもわかりません。バラエティーに出演して元気な姿を見せてくれることが相葉雅紀のファンが彼に臨んでいることなのではないかなと思います。

 キラキラ力 【得点】5/5

キラキラ力は嵐の中でもジャニーズの中でも高い方であると思います。彼は身長が高く、手足も長く、顔だちもきれいなので、衣装映え、ステージ映えするのです。ライブで見た時は、スタイルのいい体を使ったエネルギッシュなダンスを見せてくれます。それはとてもキラキラしていて、ファンが求める非日常を提供してくれます。彼のきらきらを感じるためには、やはりライブに行くのが一番です。テレビでも面白い顔を見せてくれて、笑顔にはしてくれますが。ライ分ときは単純に格好いいです。トップアイドルとして長くやり続けられている理由が分かると思いますよ。

相葉雅紀の総合評価

総合評価は4点くらいです。高い声で嵐の歌声の中核をなし、ダンスでは恵まれた体を使った表現方法でファンを魅了します。メンバーとも仲が良く、どこか嫌いになることができない、柔和な人柄です。演技力こそありませんが、バラエティーの方でファンを笑顔にすることに一生懸命なので、演技力のなさなんて彼の魅力を減らす要因にはなりません。キラキラ力は文句ないです。実際にライブに行ってみることができればすぐわかるのですが、嵐のチケットはとることが困難なので、テレビでも歌って踊っている姿を見れば魅了されると思いますよ。

 卒業や担降りなどで相葉雅紀のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー