ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

植草克秀の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

植草克秀の画像

植草克秀の活動情報独自調査まとめ

 植草克秀の活動略歴

植草 克秀(うえくさ かつひで、1966年7月24日)、ジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループ「少年隊」のメンバー。愛称はカッちゃん。1985年、錦織一清と東山紀之とともに少年隊のメンバーとして『仮面舞踏会』でレコードデビュー。1988年、PLAYZONE88カプリッチョにて初主演。1989年、PLAYZONE89Againにて2年連続主演。2013年10月に2歳年下の女性と再婚し、同月に女児が誕生している。

 植草克秀のオタ的分析

 歌唱力 【得点】5/5

少年隊の植草克秀の歌唱力は高いものがあります。少年隊は多くのCDを出し、多くが売り上げチャート1位になるなど、歌手グループとして揺るぎ無い人気と評価を獲得しています。彼の存在感は、それらの歌を聴いてもはっきりと聞き取れます。彼なしではグループ3人のハーモニーが成り立たないのは明らかです。少年隊として多くの歌番組の生放送に出演し、その際にも音程と声量を維持した安定した歌唱を聴かせてくれます。また、少年隊は、長年にわたりミュージカルにも出演。植草克秀はこの中ではソロ歌唱も含め、高い歌唱力を示していると評価されています。

 ダンス 【得点】5/5

植草克秀のダンスはとても高いレベルにあります。それはダンスを得意にするタレントを多く擁するジャニーズ事務所のなかでも極めて高いレベルです。彼の属する少年隊は3人とも高い運動神経と高いダンス能力を持っていると定評があります。それらは歌いながら踊る楽曲をテレビ、コンサートで披露することの多い彼らの実演を見ればわかります。東山紀之と、錦織一清の動き、ダンスが高度なレベルであることに定評がありますが、少年隊では3人とも同レベルのダンス能力がなければできない同調した動きが多々あります。つまり植草克秀のダンスのレベルはとても高いと言えます。

 チームワーク 【得点】5/5

植草克秀のチームワークは5点満点です。3人の息が合わないと決まらない動きを多く持つ少年隊の歌を踊りをこなしてきたことからも明らかです。実は他の2人よりも動きの間違いがあることがあると言われますが、少し見ただけではそれがわからないほどうまいフォローをします。それは日頃からのチームワークの高さのなせる技です。また、彼は少年隊のなかにあっては、他のメンバーよりも3枚目的なキャラクターと言われますが、それもグループのバランスを取るチームワークにつながっています。彼のチームワークはジャニーズの数多いタレントのなかにあっても随一でしょう。

 演技力 【得点】5/5

植草克秀の演技力は5点です。彼は少年隊として長らく、ジャニーズのほかのタレントたちも出演するミュージカルにメインキャストとして出演し続けてきました。そのなかでは歌に踊りに加え、高い演技力が求められますが、これを高度にこなし、高い評価を受けています。さらに、彼は長年続く国民的テレビドラマシリーズに1993年からレギュラー出演し続けています。このドラマに出ることは日本を代表する俳優であると認められたも同然で、実際に高い演技力が求められます。彼はこのドラマでの役の評価も高く、他にも多くのドラマに出演しています。

 キラキラ力 【得点】4/5

植草克秀のきらきら力は4点です。彼は少年隊のなかにあっては、他の2人に比べて、3枚目的なキャラクターとして広く知られています。このキャラクターは、グループ内でだけでなく、ジャニーズ事務所所属のタレントのなかでも3枚目的なイメージを持たれるほどです。このことは、いかにもきらきらとかっこいいイメージを持たれがちなジャニーズ事務所のタレントとしては異色と言えます。ここだけ見るとややきらきら感は少ないと言えますが、3枚目で親しみやすいキャラクターを持っていることは彼独特の持ち味で、個性的な魅力につながっているとも言えます。

植草克秀の総合評価

植草克秀の総評は5点です。歌唱力、ダンス、チームワーク、演技力のいずれもジャニーズのタレントはもとより、日本のタレント界のなかでも高いレベルにあります。しかも、若いときから長年にわたりジャニーズを支える主要なタレントとして現在も活躍し続けているのは人気の維持が難しい芸能界にあって、大変に高い実力があると言えます。しかも、2枚目でかっこいいイメージのキャラクターが多いジャニーズのなかでは異色の3枚目キャラクターという独自の地位を確立しているのも注目に値します。そういう点では独自のきらきら力を高く持っていると言えそうです。

 卒業や担降りなどで植草克秀のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー