ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

松本潤の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

松本潤の画像

松本潤の活動情報独自調査まとめ

 松本潤の活動略歴

松本 潤(まつもと じゅん、1983年8月30日 – )は、日本の歌手、俳優、タレントであり、アイドルグループ嵐のメンバー。愛称は「松潤」(まつじゅん)。1999年9月15日、「嵐」としてデビュー。2005年10月21日より放送されたドラマ『花より男子』が高視聴率をマーク、自身もドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞した。2010年7月19日よりフジテレビ系月9ドラマ『夏の恋は虹色に輝く』に主演。嵐では初の月9枠主演、出演となる。

 松本潤のオタ的分析

 歌唱力 【得点】3/5

他の歌手と比べても、嵐のなかでも比べても、決して歌唱力が高いわけではありません。松本潤の歌声は非常に特徴的で、好き嫌いが分かれてしまうと思います。

ただ、歌唱力が低い!と言う訳でもありません。松本潤が一人で歌う機会は、嵐として歌っているときのソロと、アルバムに収録されるソロ曲の時だけです。おそらくこれは特徴的な声を聴く機会としてはちょうどいい頻度ですので歌唱力について叩かれることはないと思います。

嵐の歌声は5人そろって初めて嵐の歌声になるので、松本潤の声も非常に重要です。そういった面では必要とされている声なのではないでしょうか。

 ダンス 【得点】5/5

ダンスも可もなく不可もなく、といった感じではありますが、ジャニーズの中では上手い方なのではないかと思います。緻密に計算されたダンス、というよりは、どちらかと言うと情熱的でエネルギッシュなダンスを披露してくれます。パワフルなダンスなので、例えば、ジャニーズカウントダウンなどで大勢の人が踊っている場面でも割と見つけやすいと思います。

また、遠くから見ても、体全身を使って表現をしてくれるので、ライブに行ったはいいけど席が遠い・・・といった場合でも、松本潤はきっと楽しませてくれるのではないかなと思います。

 チームワーク 【得点】4/5

嵐の中でのチームワーク、という事で書き進めていきます。嵐の中ではチームワークは、良いと思います。ジャニーズの後輩に指導するところもよく見ます。松本潤はライブの振り付けや、出てくるタイミングなどの指示役を自ら進んでひきうけています。演出家としての一面も持っているのです。ファンのことを考え、どう演出すればファンが喜んでくれるのかを常に考えています。その分ストイックな面があることでも有名ですが、その一面も含めて松本潤なのだと思います。ただ、ストイックすぎるあまりにメンバーとの衝突もたまにあることから、点数は-1点しました。

 演技力 【得点】3/5

本人が俳優としての道を志していないのでこのくらいにとどまっていますが、ジャニーズの中では演技力は低い方ではないと私は思っています。花より男子での道明寺のイメージが強い方も多いと思います。松本潤はああいった、「キザなことを平然とする王子様キャラ」がハマります。よく言えばハマる、ですが、悪く言えば演技の幅が狭い、と言えます。いい意味であまりにも顔が濃く、オーラがすごいため、一般人の役は難しいでしょう。キラキラしている役がお似合いだと思います。そういったことを考慮して、点数としては-2点させていただきました。

 キラキラ力 【得点】5/5

これは文句なしの満点です!嵐の中でも、ジャニーズの中でも、芸能界の中でも屈指のキラキラ力です。テレビの中では当然キラキラしていますが、松本潤のキラキラが特に目立つのはライブに行った時です。ライブで、生で、歌って踊っている姿を見たら、その姿に釘付けになる可能性がとても高いので注意が必要です。いい意味で顔が濃いので、衣装映えがします。彼はよく「幸せにしてやるよ!!」と言いますが、本当に幸せにしてくれるだけのキラキラ力です。異性はもちろんのこと、同性からみても格好いいと思うその姿はまさにスターそのものです。

松本潤の総合評価

総合点数は5点です。歌唱力、ダンス、チームワーク、キラキラ力すべてに彼しかもっていないものを持っています。ゆえに代替できる存在ではありません。この中では特に、チームワークとキラキラ力が彼の武器であると思います。スターはあくまでも、ファンに非日常を提供する「理想」でなければなりません。生活感を感じさせない彼のテレビでの立ち振る舞い、ライブでの立ち振る舞いはスターそのものであるといえます。スキャンダルといった、業界でのタブーを犯すこともなく、30歳を超えてもなお輝き続ける彼の姿は国民的アイドルの象徴なのではないでしょうか。

 卒業や担降りなどで松本潤のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー