ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

錦織一清の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

錦織一清の画像

錦織一清の活動情報独自調査まとめ

 錦織一清の活動略歴

錦織 一清(にしきおり かずきよ、1965年5月22日 – )はジャニーズ事務所に所属するグループ「少年隊」のリーダー。愛称は、ファンからは「ニッキ」、メンバー内では「ニシキ」。郷ひろみのファンだった姉が履歴書を送ったことがきっかけで1977年にジャニーズ事務所に入所。現在ジャニーズに所属するアーティストの中では一番活動期間が長い(ジャニーズ最年長の近藤真彦は1979年デビューで錦織より2年遅い)。少年隊のメンバーでは唯一結婚歴がない。ジャニーズの独身者としては最年長である。

 錦織一清のオタ的分析

 歌唱力 【得点】4/5

錦織一清さんの歌唱力の高さはジャニーズ事務所のアイドルの中でもトップクラスです。錦織一清さんの歌唱力の高さは錦織さんがジャニーズに入って、まだ少年隊のメンバーとしてデビューしていない頃から事務所内で広く知れ渡っていました。後で一緒に少年隊のメンバーとなる東山紀之さんは錦織さんと初めて会った時の印象として、出会った頃からすでに完成されていたということを語っています。錦織さんは少年隊としてデビューした後もグループの歌唱を大きく支えました。デビュー曲である仮面舞踏会は年間三位の売上を記録し、レコード大賞の最優秀新人賞にも輝いています。

 ダンス 【得点】5/5

錦織一清さんは歌の才能だけでなく、ダンスの才能もデビューする前からすでに事務所内で定評がありました。錦織さんは高い運動神経を誇り、バック転やバック宙なども得意としています。デビュー曲の「仮面舞踏会」では曲の終りに東山さんと一緒に片手にマイクを持った状態でバック転をする振り付けがありますが、これはとても難易度が高い技術です。錦織さんのダンスの上手さは身内だけではなく、プロのダンサーからも認められています。ダンスの神様という愛称で知られている有名なヒップホップのダンサーからは、一番弟子と認められたこともあります。

 チームワーク 【得点】5/5

少年隊の一員として錦織一清さんは長年に亘って活動してきました。少年隊がデビュー以来三十年近く第一線で活躍してきたことは、錦織さんを含めた少年隊のメンバーのチームワークの良さも理由にあげられます。また錦織さんはメンバーだけではなく後輩とも良好なチームワークを築いています。錦織さんは少年隊のメンバーとして20年以上に亘って続けてきた「PLAYZONE」というミュージカル作品は2009年からジャニーズの後輩アイドルに引き継がれることになりましたが、2009年のPLAYZONEでは演出家として後輩たちを演出しています。

 演技力 【得点】4/5

錦織一清さんは演技の才能も若い頃から優れていたことで知られています。これまでも数多くの舞台や映画、ドラマに出演しています。その中でも少年隊のメンバーとして出演した「PLAYZONE」は通算公演回数が900回以上にも及ぶロングランを記録しています。それ以外にも錦織さんは個人としても数多くの舞台に出演しており、その中でも1999年に出演した「蒲田行進曲」の好演は高い評価を受けており、同作品の脚本と演出を担当しているつかこうへいさんからも、惜しみない賛辞を受けています。「カルメン」などの作品にも出演しています。

 キラキラ力 【得点】4/5

錦織さんはルックスだけでなく、実力も高いものがあることからジャニーズの歴代のアイドルの中でも屈指のスター性があります。ジャニーズのアイドルの中でも、錦織さんほど総合的な実力に恵まれている人は限られています。錦織さんは自身がパフォーマンスをするだけではなく、演出家としての才能も持ち合わせていることが、彼のスター性をより高めています。近年では後輩のアイドルの舞台だけではなく、一般の舞台の演出も手がけています。錦織さんが演出を手がけた作品としては小説家の織田作之助を題材にした「ザ・オダサク」という舞台があります。

錦織一清の総合評価

錦織一清さんの歌唱能力や演技の才能、ダンスの上手さは少年隊が30年近くにわたって活動してきたことの大きな原動力となっています。ジャニーズのアイドルの中でも錦織さんほど芸能人に必要な全ての能力を併せ持っている人は稀有です。実力があるだけではなくチームワークも優れていることから、少年隊のメンバーとして30年近くにわたってずっと活動を支えてきました。さらにジャニーズのアイドルとしては異例の演出家として才能さえも併せ持っており、作品を作り上げる能力もあります。また近年では演出だけでなく脚本を担当した作品もあります。

 卒業や担降りなどで錦織一清のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー