ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

玉森裕太の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

玉森裕太の画像

玉森裕太の活動情報独自調査まとめ

 玉森裕太の活動略歴

玉森 裕太(たまもり ゆうた、1990年3月17日 )は、日本のタレント、俳優、アイドルで、男性アイドルグループ・Kis-My-Ft2のメンバー。2011年2月12日、同年夏にKis-My-Ft2としてCDデビューすることがコンサート『Kis-My-Ftに逢えるde Show vol.3 at国立代々木競技場第一体育館』中に発表された。同年7月よりTBS『美男ですね』で初めてのドラマ主演となる。2013年1月、テレビ朝日『信長のシェフ』で初の単独主演を務める。

 玉森裕太のオタ的分析

 歌唱力 【得点】5/5

ジャニーズの大人気グループKis-My-Ft2のメンバーである玉森裕太君は、メンバーの中でも歌唱力があることで有名です。最初はKis-My-Ft2を引っ張っていくのは、歌もダンスも得意な北山宏光君と藤ヶ谷太輔君と言われていましたが、2人に負けないほどの実力で認められ、今や3トップの1人として有名になっています。その甘い顔つき通りの甘い声で歌い上げるバラードに魅せられるファンは多く、多くのソロ曲を歌っています。そして玉森裕太君の歌の魅力といえば、常に進化しているということでもあり、年を重ねるにつれて深みを増す彼の声にも注目です。

 ダンス 【得点】5/5

手足のながい玉森裕太君のダンスをみていると、キレがあり、運動神経がいいことがよく伝わってきます。中でもKis-My-Ft2の代名詞であるローラースケートは、身体能力を必要としますが、一番上手に乗りこなしていることでも有名です。また、バラエティ番組などでユニークなダンスを披露することでも有名で、可愛らしい容姿からみせるそのギャップを可愛いと思ってしまう女性ファンは多いです。また、玉森裕太君は照屋ということでも有名で、コミカルなダンスをした後に照れている姿を見れば、誰でもキュンとしてしまうでしょう。

 チームワーク 【得点】5/5

玉森裕太君は天然という性格でも知られています。そのためKis-My-Ft2の中での役割としては、メンバーの癒しとしていつも場を和ませています。そのためメンバー全員から可愛がられていることでも有名で、一度コンサートで玉森裕太君が顔にやけどをしてしまったとき、メンバーがやけどを冷やしたり、絆創膏を貼ったりと、彼を中心にしてチームワークがとれていることがよく見てとれます。バラエティ番組でも彼の天然っぷりや癒し系な面がよくわかります。そんな彼のおかげもあって、Kis-My-Ft2はジャニーズの中でも仲のいいグループとして知られています。

 演技力 【得点】4/5

Kis-My-Ft2の中でも良くドラマや映画で目にするのは玉森裕太君ですよね。その演技力はメンバーの中だけでなく、ジャニーズの中でもトップクラスで、主演をしている作品も数多く、Kis-My-Ft2を知らない人の中でも玉森裕太君だけを知っているという人も数多くいます。Kis-My-Ft2を有名にしたドラマから始まり、そこからどんどん演技をし始めた彼ですが、その演技力が年々上がっていることが有名となっており、そんな成長していく彼の姿を楽しみにしているファンも大勢います。これからもどんどん成長していくであろう演技から目が離せません。

 キラキラ力 【得点】4/5

その甘い顔から「王子様」と呼ばれることも多い玉森裕太君のきらきら力は、ジャニーズの中でもトップクラスです。下積み時代が長く、苦労していることもあってファンをとても大切にしている彼は、ファンサービスも旺盛で、かっこよくみせようとしているのにも関わらずどこか可愛くなってしまうギャップが、多くの女性ファンを魅了しています。歌、ダンス、演技どれをとってもこなせる器用さからもきらきらを感じ、天然でちょっと抜けたことをしてしまった時ですら輝きを感じてしまいます。大人になればなるほど増していく王子様の魅力に期待です。

玉森裕太の総合評価

年はKis-My-Ft2の中では上の方ですが、全員の弟のようにして可愛がられている玉森裕太君。そんな弟気質から、ジャニーズの中でも多くの先輩から可愛がられていることでも有名です。また、自分が出演したバラエティ番組にメンバーの北山宏光君が出演した時は、自分が先輩と言わんばかりにアドバイスをし、それを素直に聞いている北山宏光君の姿を見ていると、本当にメンバー同士仲がいいことが伝わってきます。温厚でありながらも仕事に対しては情熱的で、常に進化し続けている「王子様」からますます目が離せなくなりそうです。

 卒業や担降りなどで玉森裕太のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー