ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

橋本良亮の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

橋本良亮の画像

橋本良亮の活動情報独自調査まとめ

 橋本良亮の活動略歴

橋本 良亮(はしもと りょうすけ、1993年7月15日 )は、日本のタレント、俳優、歌手であり、男性アイドルグループ・A.B.C-Zのメンバーである。2004年9月8日、ジャニーズ事務所に入所。2005年夏頃、ジャニーズJr.内ユニットJ.J.Expressのメンバーに選ばれた。2008年8月29日、A.B.C-Zのメンバーに選ばれた。

 橋本良亮のオタ的分析

 歌唱力 【得点】5/5

橋本良亮はその歌唱力でA.B.C-Zに加入したといっても過言ではないかもしれません。
橋本くんがA.B.C-Zに加入したのは2008年、わずか15歳の時です。他のメンバーと6~8歳も離れていました。
これについては後述することにして歌に戻ると、甘い歌声でセクシーな雰囲気を醸し出す、ジャニーズの中でも屈指のボーカリストと言えるでしょう。15歳から既に完成された感があり、A.B.C-Zの楽曲は夜を匂わす艶のある歌詞が比較的多いのですが、橋本くんが歌うと年上の女性を想う曲のようにも聴こえ、独特の色気が出るのがとても魅力的です。

 ダンス 【得点】4/5

A.B.C-Zはジャニーズ1アクロバットが得意なグループです。キャリアを積んだ百戦錬磨のお兄さん達に混ざり、当初は逆ギレするほど必死で努力した橋本良亮少年。負けず嫌いな為、自分に納得がいかなくて悔しい思いを散々したようです。当然です、中3が大学生相当に混ざり同じ舞台に立つんですから。
そんな努力が実り、アクロバットもどんどん上達。今ではメインボーカルを務めながら、激しく歌い踊っています。
高身長でも軸がぶれず、安定したキレのあるダンス。ソロになるとストリート系のテイストを出すこともあり、年齢に合ったやんちゃな魅力を楽しめます。

 チームワーク 【得点】4/5

A.B.C-Zにとって橋本良亮の加入はとても大きいものでした。弱冠15歳にメインボーカルの座を奪われることより、これでデビューできるかもと感じたと後に河合くんが語っています。それほどバックとしてのキャリアが長く、先行きに不安を抱えていたのでしょう。若さとボーカル力があり華のある橋本くんの出現で、再びデビューへの想いを強くしたA.B.C-Zは、果たして2012年にデビューします。
橋本くんは口癖のように「A.B.C-Zは最高のグループ!」と発言しています。見ていて怖くなる位精度の高いアクロバット。信頼関係がなければ出来ないでしょう。

 演技力 【得点】4/5

数多くの舞台に出演しており、歌を含め魅せる力は充分に高いものがあります。
元々面白い人でそれは独特の間でぽんと吐く言葉にあるのですが、舞台でもそうした間の取り方の上手さを感じる瞬間があります。
テレビドラマは出演本数がまだまだ少ないのですが、チャラ男役も普通の男子高校生役も自然体で演じています。
橋本良亮のジャニーズwebのブログは非常に素直な心を綴っていて楽しみなファンが多いのですが、内面の感受性の繊細さ、豊かさをいつも感じさせられます。もっと演技の場が増えればそれを活かせるので、今後の出演を楽しみにしています。

 キラキラ力 【得点】4/5

橋本良亮が輝くの何といってもステージ上です。センターとしての堂々たる存在感、どこにいても華があります。2015年夏には初のソロコンを開催し、ソロでも魅力的なステージをやりきっていました。
他グループのジャニーズ曲を歌っても自分の世界観に変化させてしまう、それが橋本良亮です。
そしてMCで見せる、歌う時とのギャップ。ひたすら可愛い大きな男の子!
ハッシーが拗ねた時の可愛らしさは、口調を含め全てが愛おしくなる魔法が宿っています。見た目は大型犬なのに心は小型犬のような。年齢問わず女子の母性本能を刺激する、本当に可愛い人です。

橋本良亮の総合評価

2004年にジャニーズ事務所に入所した橋本良亮は比較的早くにマイクを持って歌うようになり、Jrのユニットの中心メンバーとして順調に活躍していました。
しかし2007年、デビューを発表したHey! Say! JUMPの中に彼の名はありませんでした。
発表されるメンバーと一緒に舞台に上がろうとして止められた、彼の心中を思うと今でも心が痛みます。
そこを乗り越えてA.B.C-Zでの未来という今があって本当に良かった。本人やメンバーは勿論、A.B.C-Zのファンもそう思っていることでしょう。橋本良亮は中身を知るほどに応援したくなる人です。

 卒業や担降りなどで橋本良亮のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー