ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

町田慎吾の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

町田慎吾の画像

町田慎吾の活動情報独自調査まとめ

 町田慎吾の活動略歴

ダンスユニットMusical Academyの元メンバー。1994年10月16日、13歳でジャニーズ事務所に入所する。ジャニーズJr.としてテレビやコンサートなどで先輩のバックダンスの活動を開始。1999年、Musical Academyの初代メンバーに選ばれる。その後リーダーとしてグループをまとめる。2015年3月5日、公式携帯サイトよりプロフィールや連載が消える。状況から2015年2月末で事務所との契約が終了との見方が強い。

 町田慎吾のオタ的分析

 歌唱力 【得点】3/5

実はかつて、嵐の大野君と大町コンビを組み、シンメで踊り歌っていた大の仲良し町田くん。歌唱力はやはり大野君お比較されてしまうだけに一般的な印象になってしまうのでしょう。ジャニーズジュニア黄金期といわれるなか、大野君が嵐に抜擢されたショックなのか、少し自信を無くしたような歌声になってしまった印象がありました。突然のジャニーズ脱退、しかし現在は舞台などでも活躍し本来の実力がよみがえっている印象です。町田慎吾の歌そのものがうまいかどうかというと一般的ですが、物語の世界観を表現する力がある歌唱力と評価できるといえます。

 ダンス 【得点】5/5

ダンスではジャニーズの中でも一目置かれる大の仲良し大野君が絶賛する踊りは軽やかで、重力を感じさせないしなやかな動き。優しさなのか色気なのか甘美な魅了が備わっており、独特の世界観を作り上げる実力派です。ジャニーズという大きな看板を捨てても、彼を求める人がいるのはこのダンスの力が大きいのでしょう。そこに至る努力は計り知れず、プライベートでニューヨークのダンスレッスンを受けに行ったことはファンのあいだでも有名な話。青春のすべてをささげ、情熱をもって臨む町田慎吾の核となる部分がこのダンスの表現力に集約されています。

 チームワーク 【得点】3/5

決してチームを自ら牽引するという目立ったリーダーシップを発揮することはありません。与えられた役割を真摯に受け止め、物静かにそれを乗り越えていく、そのひたむきさに周りのだれもが魅了されていくといった独特の存在感を放ちます。とはいっても、芸には真摯に向き合うため、普段の静かさが一転、舞台に上がりその世界を彩る役は、ダンスに鍛えられたしなやかさも相まって何とも言えないあった王的なパワーみなぎります。このギャップが彼の魅力でもあり人間的な温かさなのだと思います。チームの中でも癒しを求め町田慎吾の周りに集まる人は多いのでしょう。

 演技力 【得点】4/5

舞台表現のすべてを、ジャニーズで培ってきた町田慎吾。彼の繊細な性格は演技にも発揮されています。演じる役の細やかな演技は何かに挑戦しのめりこんできた彼の生き様があふれているようです。感じ・考え・表現していく作業は、ジャニーズの舞台でも培ってきた基本、そして彼のダンスに裏付けされる惜しみない努力と繰り返し行われ完璧さを求める探究心が、表現という枠を超えて訴えてくるものがあるのでしょう。すこし線が細く、決して主役を堂々と渡り歩くわけではありませんが、町田慎吾にしかない柔らかな表現は、作品にいい色を添えているように思います。

 キラキラ力 【得点】4/5

ジャーニーズジュニアで活動していた青春真っ盛りのころに比べれば、人生の酸いも甘いも乗り越えてきた風格や刻んだ苦労がにじみ出ています。しかし、それでも一度あきらめかけた芸能に再挑戦する彼のひたむきさにはきらきら力を感じずにはいられません。決してぎらぎらと中心で輝くタイプではありませんが、彼独自の穏やかな輝きがきらきら力となり、彼の魅力に取りつかれた女性たちにとっては失いたくない存在でい続けています。ファン一人一人に誠実に対応し、真摯に芸を磨くひたむきさは、姿かたちだけでない輝きを放っているのです。

町田慎吾の総合評価

町田慎吾の魅力はこれらの評価では語りつくせないものがあります。それは彼が歩んできた道のりや、悩み決断してきた過去が、歴史となって今の町田慎吾の存在を彩っているからでしょう。一見どこにでもいるような体から放たれるパワーは、ダンスだけにとどまらず、その演技や人間性もひっくるめて、演者・ファンを問わず魅力的な存在となっています。過去を大事にし未来へひたむきに進む姿は、観る人の心を動かし続け、人としての奥深さや愛らしさを感じずにはいられません。個々の評価では測れない魅力的な存在感を放つ数少ない演者だといえます。

 卒業や担降りなどで町田慎吾のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー