ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

岡本健一の担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

岡本健一の画像

岡本健一の活動情報独自調査まとめ

 岡本健一の活動略歴

岡本 健一(おかもと けんいち、1969年5月21日 – )は日本の俳優、歌手。所属事務所はジャニーズ事務所。元男闘呼組のメンバー。息子は岡本圭人(Hey! Say! JUMP)。男闘呼組として活動中から、別バンド「ADDICT OF THE TRIP MINDS」のボーカル&ギターとしても活動し、男闘呼組の解散後にアルバムを1枚リリース。後に脱退した。現在は俳優として舞台やTV等で活躍中。

 岡本健一のオタ的分析

 歌唱力 【得点】4/5

岡本健一さんの歌唱力はすごく個性的なのが特徴です。あの鼻にかかったセクシーな声は好きな人はものすごく好き。また音楽活動は男闘呼組以降もバンド活動で続けていてボーカルを担当しているので歌自体も経歴が長いですので安定した歌唱力です。また、役者としての評価も高いので歌っている時の表現力というのも魅力の1つでしょう。男闘呼組解散後はドラマでは定期的に見かけますが、テレビなどメディアでの演奏や歌唱を見る機会が少ないのでもっとメディアに登場してもらいたいジャニーズの大御所の1人ですし、音楽活動をもっとしてもらいたいです。

 ダンス 【得点】3/5

岡本健一さんはじめ男闘呼組はダンスはあきらめた感を出しまくっていた人たちで、そのために楽器をもったとか。また踊っている姿を思い出せる年代も少ないことでしょう。本人たちいわく「ジャニーズの落ちこぼれ」というほどなのでダンス自体はあまり得意ではないようです。そもそも、デビュー前から音楽志向が強いメンバーの中にして「(コンサートでは)ペンライトは使わないでくれ」と言っていたくらいですし、岡本健一さん自身はわかりませんがほかのメンバーが言うにはダンスをさぼることもしばしばと記憶しています。ただ、身体能力は舞台を見ても高いのはわかります。

 チームワーク 【得点】4/5

ジャニーズの後輩(木村拓哉さんや)からも慕われる存在であり、息子の岡本圭人さんがジャニーズ入りするくらいなのでチームワークとかコミュニケーション能力は高い人でしょう。男闘呼組の中でも柔らかい存在だった岡本さん。そして、その後のバンド活動も仲間同士で続けていますし、舞台経験も多くドラマ出演も多いので団体戦は苦手ではないはずです。しかも、男闘呼組解散時に1人だけ「本当に闘いを呼んでしまった」とその当時のメンバーの解雇問題について発言をしているのでチームやグループについてよく考えている人だという印象も強い人です。

 演技力 【得点】5/5

ジャニーズ事務所の中でもかなり高レベルな役者さんの1人です。2004年には読売演劇大賞優秀男優賞、2009年にも同賞を受賞しているくらいの舞台での経歴やサスペンスドラマや連続ドラマ、映画でもコンスタントに活動をしています。特に舞台は年に1本~3本と精力的に続けており、1989年の蜷川演出から50本以上というのですから驚きです。身長が170センチほどで線が細い人ですが、いざ舞台に立つとものすごく大きく見え、存在感を発揮する役者さんなので今後も沢山の作品を残してもらいたいと思います。
また映画にも期待したいです。

 キラキラ力 【得点】5/5

現在46歳という岡本健一さん。ビジュアル的にはデビュー当時の美少年キャラからどんどん渋く大人の魅力全開になってきています。あの年齢であのセクシーさというのはとても貴重なもの。また、最近では親子二代にわたってジャニーズ事務所所属ということから父親としての安定感というのも垣間見れますし、大好きなバンド活動を続けギターを弾く姿というのもファンにとっては魅力的。そう考えると同年代の男の人よりははるかにきらきらしている存在でしょう。
今後50代、60代になっても現役ジャニーズとしてきらきらし続けてもらいたいものです。

岡本健一の総合評価

1985年にドラマ「サーティーンボーイ」でのデビューからはや30年。役者さんとしての経歴や渋みも加わり、かつて印象深かった中性的でセクシーなイメージからどんどん進化している岡本健一さんです。彼の魅力はそれだけではなくあの鼻にかかった魅力的な歌唱力やゆるやかに弾くギターテクニックも忘れてはいけない魅力です。そんな岡本健一さんは息子を持つ親でもありながら精力的にお芝居もこなし、音楽もこなしということで世間の同世代の男性からするとものすごくきらきらしている存在ではないでしょうか。
またテレビでの音楽活動を見てみたい人です。

 卒業や担降りなどで岡本健一のヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニタレ, レビュー