ジャニーズグッズの買取・売却処分法-担降・卒業ジャニヲタ用

KAT-TUNの担当向けまとめ-担降のグッズ売却・処分

   

KAT-TUNの画像

KAT-TUNの活動情報独自調査まとめ

 所属メンバー一覧

亀梨和也、上田竜也、中丸雄一

 KAT-TUNの活動略歴

2001年に6人で結成し、2006年3月22日にメジャーデビュー。2010年7月に赤西、2013年9月に田中が脱退し、現在は4人で活動中。また、2016年春に田口が脱退して3人となる予定。音楽番組『ポップジャム』(NHK)の司会を務めていた堂本光一の専属バックダンサーとして、ジャニー喜多川の鶴の一声で結成され、活動を開始。3月17日、東京ドームでコンサート『KAT-TUN SPECIAL TOKYO DOME CONCERT Debut “Real Face”』を公演。CDデビュー前のアーティストによる単独ライブは、同会場史上初である。

 KAT-TUNのオタ的分析

 歌唱力 【得点】4/5

ジャニーズのグループの中でもKAT-TUNは歌唱力の高いグループだと言って良いでしょう。それぞれを見ても、歌唱力の低さが目立つようなメンバーはいません。またメンバーの中丸さんについてはヒューマンビートボックスの技術も持っています。KAT-TUNの代表曲はあまりない印象ですが、ファンにとっての名曲はたくさんあります。彼らの全盛期がもう少し長く続いていたなら、ヒット曲ももっと増えていたはずです。メディアへの露出がだんだんと減少しており、彼らの実力を発揮できていない現状について減点し、KAT-TUN全体の歌唱力は4点としてみました。

 ダンス 【得点】5/5

KAT-TUNのダンスはメンバーの個性がそれぞれに表現されていて、見る側としても非常に楽しめるものであると感じます。キレのあるダンスを継続できるように、ストイックな身体造りをしているメンバーがほとんどです。最高のパフォーマンスでファンの期待に応えるために努力を惜しまない彼らによるダンスはファンにとっても非常に満足度の高いものに仕上がっていると言って良いのではないでしょうか。コンサートでは間近に彼らのダンスを見ることができる最高の機会ですが、今後もファンの期待に応えてくれることを期待して採点は満点です。

 チームワーク 【得点】2/5

ジャニーズのグループではメンバーの脱退がこれまでも見られましたが、KAT-TUNでは結成時の6人から、赤西さんと田中さんの脱退で現在は4人になってしまいました。人気の絶頂期には亀梨さんと赤西さんがツートップとしてグループの人気をけん引していた印象ですが、赤西さんの脱退後から世間にはグループ全体の士気が低下してきたような印象も与えてしまいました。2人が脱退後は4人でチームワークを育んでいたように思えましたが、今度は田口さんの自身によるグループ脱退発表があった今、KAT-TUNのチームワークには疑問が残ります。よって点数は2点。

 演技力 【得点】4/5

KAT-TUNではグループ結成前からジャニーズJrとしてドラマなどへの出演によって演技力を身に着けてきたメンバーもいます。田中さんはジャニーズJr時代にグループ結成後の印象とはまったく違う美少年で、初々しいながらにもなかなかの演技力を発揮していました。また6人でKAT-TUNを結成後は亀梨さんと赤西さんが出演したドラマによる世間の知名度上昇によって、グループ自体にも注目が集まり、人気を獲得しました。彼らの人気に直接つながったのは彼らの演技からと考え、採点は高評価の4点としてみましたがいかがでしょうか。

 キラキラ力 【得点】2/5

彼らの全盛期は亀梨さんと赤西さんのドラマ出演による知名度の上昇とともに、一気に多くのファンを獲得するものでした。コンサートに使用する会場もグレードアップしていき、チケットも取りづらくなっていったことで人気の度合も感じられましたが、相次ぐメンバーの脱退によってグループ全体の人気が下がってしまったことはファンだけでなく誰の目にも明らかなものです。メンバーの個人的な活動は目にしますが、グループでの活動はあまり目にすることがない現状です。全盛期のきらきら力を満点として、現在については3点減点の2点としました。

KAT-TUNの総合評価

KAT-TUNはジャニーズの中でもメンバーそれぞれの個性がしっかりと出た良いグループであり、亀梨さんと赤西さんのツートップが何よりファンの心を掴んだようです。グループ名には結成当時6人の頭文字を並べたものが採用されましたが、いまではそのうち2人が脱退してしまい、次には田口さんの脱退も決まっています。メンバーが当初の半分になってしまうことはファンにとっても悲しいことです。残った3人はこれからもそれぞれの個性を活かした仕事だけでなく、グループとしてもファンを喜ばせる機会を多く持てるよう努力を続けてくれることに期待しましょう。

 卒業や担降りなどでKAT-TUNのヲタグッズを処分する時のおすすめ買取業者

ジャニヤードの画像

 - ジャニーズグループ, レビュー